全バナジウム流電池の開発メーカー「i-battery」がエンジェルラウンドでの出資を完了し、偉業を達成しました
発表日です:2023.10.11

i-batteryエネルギー科技(蘇州)有限公司(以下「i-battery」)はこのほど、数千万元のエンジェルラウンドの資金調達を獲得しました。

 

今回の資金は主にコア製品の研究開発及び研究開発センターの建設に充てられます。

 

i-batteryはバナジウム流電池の開発メーカーとして、バナジウム流電池のエネルギー貯蔵技術の開発、普及、応用に立脚して、世界の長期エネルギー貯蔵技術と製品のリーダーになります。

 

エネルギー貯蔵業界が爆発的に成長するにつれて、新型エネルギー貯蔵は急速な発展期に入り、今のところリチウムイオン電池は新エネルギー電池の最も重要な分岐であるが、より高出力と容量の追求に伴い、新型の電池技術革新は未来の業界が注目する重点となっている。全バナジウム流電池は、長期エネルギー貯蔵という隠密なコースで本格的に浮上している。

 

全バナジウム流電池(VFB)はバナジウム電池とも呼ばれ、主にバナジウムイオン価の変化を利用して電気エネルギーの貯蔵と放出を実現します。バナジウムは、安全性が高く、サイクル寿命が長く、容量が拡張しやすいなどのメリットがありますし、固定式エネルギー貯蔵の分野では、リチウム電気が使えるような場面では、液流電池も可能なので、全バナジウム液流電池は長期エネルギー貯蔵の選択肢となるでしょう。

 

全バナジウム流電池の研究開発メーカーであるアイバトリーは、独自のハイブリッド密封技術、容量回復、構造最適化による軽量化により、稼働・維持コストを下げ続け、市場競争力を確立しています。

 

創始チームの能力と経験はi-batteryの核心優勢で、核心メンバーは液流電池の発明者Maria skyllas-kazacosから勉強して、豊富な液流電池の研究開発と生産の経験と国際化の視野を持って、市場のチャンネルが広いです。コアチームは平均10年以上の液流電池の研究開発と生産の経験を持ち、長期的には独自の知的財産権を持つ製品と新材料の研究開発に取り組んでいます。

 

全バナジウム流電池の技術開発経験と能力により、i-battery市場は加速し続けています。今会社はすでに海外市場でベテランの販売チームを配置して、各チャンネルは多元化して企業の製品を普及して、しかもすでに復数の潜在的なプロジェクトが順調に推進しています。国内市場も大型上場会社と長期戦略提携を締結し、迅速にGWhレベルのプロジェクトを推進しています。都市部のモデルプロジェクトでは、優れた性能と高い安全性により、都市部の電力問題の解決に取り組んでいます。

 

長期エネルギー貯蔵の趨勢を背景に、アイバタリーは液流電池分野とエネルギー貯蔵分野の深耕を継続し、国内外の製造・販売センターの立地を継続していきます。液流電池の分野では、アイバタリーが継続的に研究開発、普及、応用を進め、さらなる容量拡大とコストダウンを図り、次世代新製品の開発を加速させていきます。エネルギー貯蔵分野では、バナジウム電池のエネルギー貯蔵市場での活用を積極的に推進し、国内外の技術をリードし、最も影響力のある会社になることを目指しています。

 

ニュースを購読します
交付する
お問い合わせ

住所:中国江蘇省蘇州市呉江区葉輝路111号

電話:0512-63953528

メール:Info@i-battery.com

サポートセンターです

潘雅博 (Albert van Pabst)

albert@i-battery.com

呂 女性

lvhuixin@i-battery.com

王迪

wangdi@i-battery.com

徐林

xulin@i-battery.com